評判の良い給湯器を知る【各家庭に合ったものを選ぶ】

作業員

壊れる前に早めの行動

リモコン

ゆるやかに進む劣化

突発的に故障することもありますが、ほとんどの場合、給湯器はゆるやかに劣化します。ですから故障の初期症状が表れましても、特に問題なく使えることが一般的です。しかし劣化は時間と共に確実に進行していますから、やがて本格的に壊れてしまいます。完全に壊れればお湯も出なくり、生活が途端に不便になりますので、できれば故障の初期段階で修理しておきましょう。また、10年間以上使い続けた給湯器は、全体的に劣化しているため、給湯器本体を交換する場合が多くなっています。慌てて交換する時は機種選びを十分できないこともありますから、購入機種をしっかり選ぶためにも、交換時期が迫った給湯器が傷みだした時は、早めの行動が重要です。

傷みのサインは逃さない

初期段階での修理や交換を心掛けるためにも、普段から給湯器の状態には留意しておきましょう。もしも蛇口をひねってお湯になるまで待たされるようなら、それは故障のサインですから修理業者への連絡が必要です。また、着火音や稼働音などが増している状態も故障の表れですので、同様に修理や点検を依頼してください。そのほか、気になる点がなくても、定期的に給湯器の本体をチェックしておきましょう。とりわけ一戸建ての場合は住まいの裏側などに設置されているケースが多いため、本体を長期間確認しないまま使い続けることも珍しくありません。使用上問題がなくても、外装にサビが発生していたり、雑草が伸びて本体に掛かっているなど、故障の原因が見付かる場合もありますから、定期的な目視での確認も肝心です。